小技プログラミング

METAタグ設定リスト

METAタグの設定リストをまとめてみました。
METAタグはWebサイトに関する重要な情報となるため、出来る限り正しい情報を設定するようにしましょう。

以下は主だったMETAタグの設定一覧です。

METAタグ設定一覧(http-equiv)
属性 プロパティ値 使用例 / 説明
http-equiv content-type <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
利用する文字コードを指定します。
※これを正しく設定しておかないと文字化けの原因となります。
HTML5の場合は以下のように宣言します。
<meta charset="UTF-8">
http-equiv content-style-type <meta http-equiv="content-style-type" content="text/css">
利用するスタイルシート言語を指定します。
HTML5では省略可。
http-equiv content-script-type <meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript">
利用するスクリプト言語を指定します。
HTML5では省略可。
http-equiv imagetoolbar <meta http-equiv="imagetoolbar" content="no">
イメージツールバーを非表示にします。
※対象ブラウザはIE6です。
http-equiv Refresh <meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=http://example.com">
ページ単位で指定のURLへリダイレクトします。0;の部分で秒数を指定出来ます。
name description <meta http-equiv="content-script-type" content="プログラミング小技集です。">
対象WEBページの説明文を指定します。
name keywords <meta http-equiv="content-script-type" content="プログラミング,Html,Oracle,PHP,MySQL">
対象WEBページの検索キーワードをカンマ区切りで指定します。
name author <meta name="author" content="KUMANORI">
対象WEBページの製作者を指定します。
name generator <meta name="generator" content="wordpress">
対象WEBページを作成したツール名を指定します。