小技プログラミング

INSERT文 カラム名を省略して一行挿入する

INSERT文でデータを挿入する時にカラム名を省略する事ができます。

この場合、対象テーブルの全てのカラムに対して値を指定する必要があります。
挿入する値の数が足りなかったり、カラムの定義と違うデータ型を指定すると実行時エラーとなります。

INSERT INTO テーブル名
VALUES
('値1','値2','値3','値4'…)

テーブルの定義通りに、VALUESの後にカンマ区切りで全ての値を指定します。