小技プログラミング

画面の外に出てしまったウインドウを操作する

画面の外に出てしまったウインドウを操作する方法です。
バツマークが画面の外に出てどうしたらいいんだ!という時に便利です。保存をしていないから閉じる訳にも行かない・・・そんな時はこの方法で。

まず、対象の画面をアクティブ状態にします。
マウスが使えれば、対象のウインドウをクリックします、無ければALTキー+Tabキーで選択します。
次に、ALTキーを押しながらスペースキーを押します。
すると下記のようなメニュがー表示されます。

編集するだけであれば『最大化(X)』を選べば画面にフィットしてくれます。

ウインドウの表示位置を変えたい場合は『移動(M)』を選びます。
次に、矢印キーでウインドウ位置を変更します。
位置が決まったら最後にENTERキーで確定させます。

単純にウインドウを閉じたいだけであれば、ALTキー+F4キーで閉じる事もできます。