小技プログラミング

確認ダイアログを表示させないで強制実行

VBAを利用してファイルの保存やシートの削除を行っても、手作業の時と同じように確認ダイアログが表示されます。

せっかく自動化させても、毎回確認してこられては意味がありません。

こんな時は Application.DisplayAlerts に False を設定する事で確認ダイアログを表示させずに、強制実行させる事ができます。
アラートが必要な時に表示されないと困るので、保存や削除処理が終わったらTrueを設定して元に戻すようにします。

'アラートの停止
Application.DisplayAlerts = False

'アラート停止の解除
Application.DisplayAlerts = True