小技プログラミング

『コマンドプロンプト』で使えるコマンド一覧

Windowsのコマンドプロンプトで私が良く使うコマンドだけまとめました。
ネットワークの設定など調べる時に便利です。

【 コマンドプロンプトの開き方 】
スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプト
  もしくは、
[Windows]キー + Rキー で『ファイル名を指定して実行』を開き、cmdを入力して[Enter]を押す。

コマンドプロンプト コマンド一覧
ipconfig TCP/IPの設定値を確認できます。
ipconfig /allでさらに詳細情報を表示します。
ping ネットワークの疎通を確認出来ます。
【使用例】
ping 192.168.10.1
また、-tを付与する事で無限にpingを飛ばし続ける事もできます。
ping 192.168.10.1 -t
※[Ctrl] + [C]キーで停止する事が出来ます。
tracert 指定したホストまでのネットワーク経路を表示します。
tracert [IPアドレスorドメイン名を指定]
【使用例】
tracert www.google.co.jp
tasklist 現在実行中のプロセスを一覧表示します。
net session セッション情報の表示や切断が出来ます。
netstat ホストに対してアクティブなネットワークの接続情報やポートの空き状況を確認する事ができます。
PCがウイルスに感染してパケット大量送受信をしていないかを確認する際にも活用できます。
【使用例】
アクティブなソケットを名前解決なしで表示
netstat -an
通信しているアプリケーションを確認
netstat -abv
nbtstat NetBIOSを利用してネットワーク統計や状態を表示します。
nslookup DNSサーバーに名前解決の問い合わせを行う。Linuxでのnslookupやdigに相当。
オプション指定でメールサーバを調べる事も出来ます。
schtasks スケジュールされているタスクを表示(WindowsXP,vista,7)
systeminfo OS等のシステム情報、ホットフィックス(修正プログラム)等を表示(WindowsXP,2003Server,vista,7)
exit コマンドプロンプトの終了
※OSのバージョンによっては利用できないものもあります。