小技プログラミング

『ファイル名を指定して実行』で使えるコマンド一覧

Windowsの『ファイル名を指定して実行』に入力するだけで簡単に利用できるコマンドをまとめてみました。
知っていると便利なので是非ご活用ください。
例えばOSがバージョンアップしたことでインターフェースが大きく変わることがあります。ユーザーアカウントはどこから開くの?コントロールパネルってどこから開くの?サービス一覧はどこ?となった時に一発で開く事が出来て便利です。

ちなみに、アプリや自分で作成したファイル等を『ファイル名を指定して実行』から起動する事も出来ます。
その場合、システム環境変数のPathに起動するファイルやアプリのディレクトリパスを追加します。(システム環境変数のPath設定方法

【 ファイル名を指定して実行の開き方 】
スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒ファイル名を指定して実行
  もしくは、
[Windows]キー + [R]キー で開く事ができます。

アプリケーション関連(『ファイル名を指定して実行』で使えるコマンド一覧)
MSOfficeのエクセルを起動 excel
MSOfficeのワードを起動 winword
メモ帳を起動 notepad
ペイントを起動 mspaint
電卓を起動 calc
リモートデスクトップを起動 mstsc
コマンドプロンプトを起動 cmd
Windowsのエクスプローラを起動 explorer
Windowsのエクスプローラでデスクトップを表示 desktop
レジストリエディタの起動(Windows2000以降) regedit
regedt32
管理画面関連(『ファイル名を指定して実行』で使えるコマンド一覧)
コントロールパネルを表示 control
デバイスとプリンターを表示 control printers
マウスのプロパティを表示 control mouse
(main.cplでも実行可能)
キーボードのプロパティを表示 control keyboard
画面のプロパティ(個人設定)を表示 control desktop
地域と言語のオプションを表示 control international
管理ツールを表示 control admintools
ユーザーとパスワードの管理ツールを表示(Windows2000以降) control userpasswords
ユーザーとパスワードの管理ツールを表示(WindowsXP以降) control userpasswords2
Windowsタスクマネージャを起動 taskmgr
タスク管理画面を表示(WindowsXP)
System32配下のTasksフォルダをエクスプローラで表示(vista,7)
tasks
システム構成ユーティリティを起動 msconfig
DirectX診断ツールを起動 dxdiag
Windowsセキュリティーセンターを表示
システムとセキュリティのアクションセンターを表示(windows7)
wscui.cpl
プログラムの追加と削除の画面を表示 appwiz.cpl
電源オプションの画面を表示 powercfg.cpl
ネットワーク接続の画面を表示 ncpa.cpl
システムのプロパティ画面を表示 sysdm.cpl
インターネットのプロパティ画面を表示 inetcpl.cpl
イベントヴューアを起動 eventvwr
管理コンソールのサービスを表示 services.msc
ハードウェアの安全な取り外しを表示

※長いですが一回で入力してください。
Rundll32の後とControl_RunDLLの後は半角スペースが必要です。
Rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll
Windows操作関連(『ファイル名を指定して実行』で使えるコマンド一覧)
強制ログオフして全てのセッションを削除 logoff
※OSのバーションによっては使用できないものもあります。